ズワイガニの特性

ズワイガニの特性

ズワイガニの味の特性としてはタラバガニなどに比べて繊細で上品な味とメスであれば内子と呼ばれる未成熟の卵巣を賞味出来る事にあります。
また生態的な特性としては柔らかな砂と泥の混ざった海底を好み深さは200メートルから600メートル程度の場所に群れを作って生息しています。
この群れを作るという特性を生かしてカゴ縄にサバなどの餌を入れ数時間たってから引き上げるカゴ縄漁が国内では盛んに行われています。
国内でこの条件を満たす漁場としては日本海側に多く、主な水揚げ場所として境港や香住港、岩崎漁港などが挙げられます。
またメスのズワイガニは交尾してから一年から1年半ほどの長い期間を抱卵を行い幼生を放出するため漁期を定め、生息数の維持が図られています。
主にメスが抱卵していない時期が選ばれ富山県から西の漁場では11月6日より1月10日がオスメス共に解放され、この日から3月20日までの間はオスのみ採取が可能な漁期とされています。
またズワイガニ漁の漁獲量の上限を定め漁期の短縮や生態的な特徴である最終脱皮前のカニや初産のカニの採取は禁じられているなど厳しい制限があります。
また海水温が低くなる新潟県から北の漁場では10月1日から5月31日までが漁期と定められておりオスメスの区別はなく大きさのみで採取が許可されています。
これらは日本国内でのまた適用されるルールであり海外には現地のルールが適用されるため冷凍物も含めれば1年のうちかなりの期間市場で見る事ができます。